スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
アラスカは寒い国です。

 とにかく、アラスカは寒かった・・・。


アラスカ=寒いところ


というイメージは全く間違っていない。


アラスカ最南端、みたいな場所に行っていたにも関わらず、確かにアラスカは
寒いところだった。

会社ではアラスカ出張経験者は多く、事前に「どのくらい寒いんですか?」という質問を
いろいろな人に聞いたのに、

「今の時期はそんなに寒くない」
「ジャンパーは必要ない

などの嘘情報に踊らされ、なめた格好でシアトル入りしてしまった。
急遽、コロンビアのフリースを2枚、スーパーみたいなところで購入し、


【上半身】
ユニクロの長そで下着
長そでTシャツ
薄手の上着
パーカー
フリース
ウインドブレーカー
エプロン

【下半身】
レギンス
Gパン
靴下二枚
長靴

という最強着ぶくれ、ぶくぶくの状態で仕事をしていた。

「寒い寒い」といいながら仕事をしていたら、工場の社長が半そで半ズボンの南国リゾート
みたいな格好で登場し、「まちか、寒いのか?わっはっは」と笑っていた。


人種が違う、というのはまさにこのことだ。


怠け者の若者ワーカーにいたっては、ランニングで5℃以下の水に手を入れて、
「冷たい〜!!」といって笑っていた。


いやいや、水よりも、ランニングであることのほうが数倍気になる。


「寒くないのか?」という質問に「動いているから暑いくらいだ。」という。


いやいや、君は一番怠けていて、暑くなるほど動いていないはずだが・・。


とにかく、体の構造が違うらしい。


鼻がもげる部屋。


ちなみに、滞在中は工場のバンクハウスに寝泊まりしてのだが、
深夜に度々ブレーカーが落ち、驚くほど寒い思いを味わった。
寝袋に包まれている部分は、かろうじて温度を保てるが、

外気に触れている顔面の温度だけが著しく低下し、鼻がもげるかと思った。

幸い、立派な鼻をもっているので、もげはしなかったが。

アラスカ出張 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0)
オーロラの見えないアラスカ


只今、アラスカにいます。
決してイエローナイフにオーロラを見にアラスカに来たわけではない。



オーロラ目的以外でアラスカに行く人を、私はあまり知らない。
それなのに、私はオーロラ目的以外でアラスカに3週間も居るなんて結構レアだと思う。


そう。


今回も、目的はひとつ。

「ぼたん海老」

カナダとアラスカはご存じのとおり近いので、同じ海老が獲れる。
だから 「今年はアラスカでもやりますか!」というような感じでアラスカに派遣された。


アラスカらしさ満点。


う〜ん。
アラスカには初めて来たけれど、来る前までは大体カナダと同じだろうと思っていた。
似てはいるけれど、空気?雰囲気?人?とにかくなにかが違う。
風景もThis is アラスカ という感じだ。


こちらに来てはや2週間。
寒さにも慣れて、現地人のようだ。
東京の生活には戻れないかもしれない・・。


つづく。

アラスカ出張 | 19:30 | comments(2) | trackbacks(0)