<< オーロラの見えないアラスカ | main | 数十回目の浅草観光 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
甘海老活用法
 
金曜日、アラスカから帰国し、3週間ぶりに自分のうちのドアを開けたら
なかなかの散らかりっぷりだった。


それでも、我が家。


やかましい第一京浜の車の音も、
洗濯物の柔軟剤の香りも、
3階に住む、おもしろ住人(悪友N子)も、


全てがとても落ち着く。


長期出張帰国後の恒例になっているカップラーメン(ノンフライ)を食べ、
他になにか食べ物はないかなぁ、と何気なく冷凍庫を明けた。

甘海老・・・。



・・・・・。


冷凍庫の中身の約9割が


ボイル甘海老。


明らかに、同居人の仕業である。
というか、冷凍庫がこの状態であることは出張中に知らされていたが忘れていた。
入りきらない分は、3階のN子におすそ分けされたらしい。


この商品、地味だがとても美味しい。
ビールとも相性抜群だ。
でも、たしか荷姿が5kgの単箱だったはず・・・。


とりあえず、ひと袋分を解凍してパクパク食べながらビールを飲んだ。
気持ち悪くなる寸前まで食べ続けたけれど、ひと袋食べきることはできずに、
次の日、ムキ身にして殻と頭で出汁をとり、トマトクリームのスープを作った。


それでもあと2、3kgは残っている。


創作ボイル甘海老料理の日々はまだまだ続きそうだ。

日常 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 22:25 | - | -
It comments.









Track back URL of this article
http://re-fresh.jugem.jp/trackback/35
Track back