<< 父・みつお からの便り | main | 寝言 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
メキシコ!!
 
「新婚旅行」という特権をフル活用して会社に休みをもらい、
やりたい放題の旅行にでかけた。

the カリブ海!

知人に借りた別荘のテラスからは、カリブ海とプライベートビーチが見える。

テレビでしか見たことのないようなヤシの葉でできたパラソルの下では
白人の観光客たちがサングラスをかけて、パイナップルとお花が刺さった
冗談みたいなカクテルを飲みながら本を読んでいる。

「バカンス」というのは、せこせこしないで、ゆっくりと体を休めるものらしい。

現実離れしすぎた贅沢さに、貧乏性の私はどうしても落ち着かず、10分と
パラソルの下にいられなかった。セレブにはほど遠いこと極まりない。
ちなみに、相方はセレブ顔で本を読んでいたが「日経ビジネス」な時点で
なにかが間違っているような気がする。


メキシコには、かなり長くいたので、いろいろなことが出来た。


松方弘樹(もしくは梅宮辰夫)くらいにならないと体験できないと思っていた
「カリブ海トローリング」をし・・・

でかカンパチ

炎天下の中、ガイドの説明が長過ぎてクラクラしながらのチェチェンイッツア。

宇宙人が作ったに違いない。

セノーテで泳ぐ相方の動画を望遠レンズで撮影。

世界、不思議発見!


途中、メキシコシティにも行った。

当初の予定では、カンクンをホームにして途中キューバへ行く予定だった。
しかし、旅行の数週間前にキューバで飛行機が墜落、減便となったため
チケットがとれなかったのだ。

空港のカウンターで航空会社のスタッフに直接ネゴするもキューバ行きは叶わず、
「じゃあ、メキシコシティにでもいきますか」となった。

何の知識もなく短パン・ビーサン・半袖で降り立ったメキシコシティは・・・
めちゃくちゃ寒く、誰一人としてビーサンのメキシコ人はいなかった。

ティオティワカン行きのバスで出会った日本人バックパッカーから教えてもらい
そのとき初めてメキシコシティは標高が高く、寒いということを知った。

極寒のメキシコシティ

さすがに半袖は堪え難いので、すかさず上着を購入したが、足下は夫婦そろって
ビーサンのままだったため、メキシコ人たちに「この薄汚い日本人は何なんだ?」
という顔をされつつも、メキシコシティの美しい町並みを徘徊しつづけた。


月のピラミッドとお面売り

とにかく、長かったので何を書いていいのかよくわかりませんが、
せっかく写真もたくさん撮ったので取り急ぎということで。

海外旅行 | 23:58 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 23:58 | - | -
It comments.